上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03.17 落金
F1000003.jpg
親父が逝って以来、初めて飲みに出た
と言うか、仕事帰りに真っ直ぐ寄ったんだけどね
The 山海幸
何だかのマリネと牡蠣酢をおかずにジョッキ2杯
『俺は生きてるんだ!』って思ったね
やっぱ、下町(飲み屋さん)あっての俺だわ

こんな事を思っている、ずっと以前から…
良く耳にする言葉
『●●(喫茶とかスナックとか)無くなって寂しいよね…誰かまたやってくれないかねぇ』
ってセリフ
『おいおい…』と思う
『そぅ言うあんたは、その店があった頃にお金を使ったのかね?』と…
いつもそぅだ
何でもそぅだ
無くなってからその有り難味に気付いている
違うんだなぁ
500円にちょっと足せば家で楽しめる焼酎
飲み屋さんに行けば最低でも1500円は取られるわね
でもさぁ
損を覚悟で落とそうよ、地元にお金
『飲みに行けばお金掛かるからねぇ』と言いながら、いざ店が無くなれば寂しがる
矛盾し過ぎだろがよ

お祭りの出店もそぅ
その昔は100軒からの店が連なったこの町
が、今では10軒にも満たぬ…
テキ屋さんが減少したせいもあろうが、金が落ちないのも大きな要因のひとつじゃなかろうか?
だって…使ってないもん、実際

10円100円の安価を求めてお店を渡り歩くサラリーマン主婦の大変さも理解できる
でもね
それによって、昔ながらの良き伝統やら風景やらが損なわれているのも事実だわね
だから
俺は飲みに出る
金を落とす、町に
10年後、20年後に『あの頃はもっと飲めたんだけどなぁ』なんて会話をママさんとしたいじゃん
そんな理由で飲みに出る、俺は
決して酒に卑しい訳じゃない
決して何らかの新たな異性との出会いを期待して出てる訳でもない
言わば…言わば…言わば…解らん
でも、この町の景観が大好き
そこでヘロヘロに千鳥ってる人達が大好きなんだなぁ
ちゅう事で…明日は”焼肉こたん”に落とす予定です
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。